大阪都構想が住民投票の結果反対多数で否決された。

LINEで送る
[`evernote` not found]
LinkedIn にシェア

血のにじむ努力を積み重ね5年以上の歳月を費やし、住民の皆様に都構想の是非を決めていただくという橋下代表、松井幹事長がW選挙時に誓った住民との公約を守った。

今回の挑戦は、まさに民の力で官を動かす、凄まじい戦いでした。

私も約1か月大阪に入り、できる限りの応援をしました。

その理由は、滋賀県のこれからの経済発展を本気で考えた時、近畿の中心である大阪の発展は必要不可欠だと考えてきたからです。

結果は非常に残念でしたが、今回の維新の挑戦には民主主義国家である日本の意気込みと故郷の未来を切り開く地方の底力を見せたという点からは測りきれない価値があったと思います。

橋下最高顧問から政界引退の表明がありましたが、彼の側で共に戦い、その背中を見ながら改革に取り組めたことには感謝以外の言葉が見つかりません。

だからこそ、彼の意思を引き継ぎ徹底的に納税者目線で私はこれからも挑戦し続けたいと思います。

お世話になった皆さま、本当にありがとうございました。

11209584_923533884371224_6247642675191948255_n

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=923533884371224&set=a.168200526571234.41109.100001438632486&type=1

LINEで送る
[`evernote` not found]
LinkedIn にシェア

Bookmark the permalink.

Comments are closed