岩永ひろきの政策


−合併から12年、今こそ新しい風を!

%e6%96%b0%e5%be%8c%e6%8f%b4%e4%bc%9a%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%88

市民の声で作る!甲賀のまちづくり政策集。

 

5町の合併から12年、10万人都市を目指してきましたが、

現実は9万人、一つの町が目標から消えていることになります。

 

市の周辺地域では、獣害のために農作物を作る楽しみすら持てなくなり、

水口の中心部でも空洞化が急速に進展し、

空き家が目立つようになってきました。

 

新名神高速道路のインターチェンジが沿線市町で唯一、三つもあるだけでなく

三つもの成熟した地場産業忍者という国際的な観光資源等もありながら

企業誘致や観光振興、まちづくり等に活かされることもなく、

若者は学校卒業とともに職や住居を求めて

ふるさと甲賀を後にするようになってしまいました。

 

多くの市民の皆さんが抱える将来に向かっての漠然とした不安

この不安に応えられるように、

市民の皆さんの切実な声に根ざした対策を講じることが急務になっています。

 

それには今こそ、沈滞した甲賀市のまちを変える新しい風が必要です。

 

岩永ひろきだからできる「市民の声でつくる甲賀のまちづくり政策集」を

ご紹介しますので、市民の皆さんの声をお寄せください。

みんなの声で元気な甲賀のまちづくりを進めましょう。

 

 

市民の声で作る!甲賀のまちづくり政策集。



Comments are closed