甲賀市をもっと前へ!

LINEで送る
[`evernote` not found]
LinkedIn にシェア

皆さんこんにちは!
日頃からのご支援本当にありがとうございます。
報道などで既にご承知のこととは思いますが、この度記者会見を行い、本年10月に予定されている地元甲賀市の市長選挙へ挑戦することを表明させていただきました。

私が政治を志した原点は、厳しい環境にある地方をとにかく元気にすることでした。そのために「地方の自立」と「税の無駄使いを国民目線で見直す」ことを一丁目一番地の政策に掲げてこれまで活動に邁進してきました。一昨年に執り行われた衆議院選挙で落選してからは、初心に帰り、また一から地元地域を歩いて生活の現場の課題について生の声を伺い、多くの課題も聞かせていただきました。
そのような状況の中、私は、生まれ育った故郷を元気にするために、これまで培ってきた国政での経験とパイプや、大阪や名古屋とのパイプを活かしたい、地域の自立と税の無駄使いを省く全国の取り組みを、国政で徹底的に勉強し追及してきた岩永裕貴だからこそ解決できる目の前の課題に取り組み役に立たせていただきたいという想いで、挑戦することを決意致しました。
地方から日本を変えていくという本気の意気込みが、地方創生の集中期間となる今後の4年間は特に重要です。またそうした全国的な取り組みが日本の再生にもつながると確信しています。
首長選挙は、広く市民の皆様のご意見を伺い政策を実行するため、一党一派に属せず無所属での挑戦になりますが、とにかく地域を元気にしたいという想いは全く変わっておりません。
今夏から選挙権年齢も18歳に引き下げられ、国としても若者に期待する方向が示される中、まずは地域で暮らす現役世代の皆さんの生活の現場を改善し、支える側を元気にすることで、これまで日本の礎を築いていただいた高齢者の皆様が安心して老後を送っていただける地域づくりを目指します。そして、これまでも訴え続けてきた地方の自立や市民の皆様方の汗の結晶である税金を1円たりとも無駄にしない精神は、ぶれることなく大切にし、地方の成長に弊害となっている国レベルの古い制度の改革については、引き続き現場からの声として国に訴えていく覚悟です。
私のこの想いをどうかご理解いただきます事をお願い申し上げます!

岩永 裕貴

13322154_1131580676899876_2271166019712322430_n13315641_1131580693566541_4870842131177991337_n

LINEで送る
[`evernote` not found]
LinkedIn にシェア

Bookmark the permalink.

Comments are closed